当社は、Microsoft Office365、Adobe Creative Cloud、Kaspersky をはじめとするソフトウェア販売およびハードウェア販売、ホームページ構築・運用、動画撮影編集、デジタルコンテンツの制作、さらに社内トレーニングを総合的にご提供するワンストップのホームページ制作会社です。

Windows 10 Technical PreviewをParallelsへ

手順通りに、isoファイルをメディアに焼いて起動を試みましたが、当社の環境ではブートしませんでした。
そこで、Windows 開発統括部 Blogより情報を得まして、アップグレードでのインストールに切り替えます。

まずは、すでにParallelsにセットアップ済みのWindows8.1を起動し、isoファイルをメディアとして接続します。
セットアップメディアのルートにあるsetup.exeを実行するとインストールが始まります。
01

ライセンスに同意して、
02

既存環境を残すかという質問。テスト用なのでNothingでも良いのですが、デフォルトの個人設定を残すとします。
04

この画面では、OKを押します。
06

準備が整いまして全画面でのインストールが始まります。
07

10

何度か再起動を繰り返します。
11

オプショナルな設定をするかどうか尋ねられますが、今回はデフォルトのまま。
20

Microsoftアカウントで同期を行うか否か。この辺りはWindows8と同じになっています。
22

初回起動時のバックグラウンドでの設定作業が行われます。例のグラデーション表示です。
28

30

さて、起動しました。(背景は個人的趣味で申し訳ありません)
31

やはり、モダンUIは完全に亡くなって、スタートメニューに吸収されています。
電源位置が上部にあるのはタイル表示の名残りですね。
32

テスターの義務としてフィードバックを送っておきます。
35

検索メニューとでもいうのでしょうか。色々とまとめて検索できそうです。
36

まだまだ、不確定要素沢山ですが、巻き返しを図るMicrosoftにエールを送りたいです。